NPO法人ひきこもりハローワーク会員 由紀 22才 女子

モンゴル(その2)

NPO法人ひきこもりハローワーク 一同様

NPO法人ひきこもりハローワークみなさん、今回のモンゴルの活動に参加させて頂きありがとうございました。本山さんからモンゴルのセレンゲで自分を試してみないかと話しを聞いた時、期待と不安が押し寄せ涙が止まらずしばらく本山さんと顔も合うことも出来ませんでした。・・・・・両親にはチャンスかもしれなよと言われ本山さんには今の自分で良ければこのまま変わらぬ生活をすればいいと言われどうする事も出来ないまま両親と本山さんの言葉を信じモンゴルでの活動に参加しました。

現地・・・・・さん・・・・・。モンゴルでの生活は意外にシンプルで見る物聞くものが新鮮で案外早く慣れました。日本では24時間お店や自動販売機等で飲み物・食べ物が手に入り私が暮らしたセレンゲでは夜7時を過ぎると人も歩いて無く早寝・早起きが習慣になりました。昼間は農作業の手伝いをし慣れるまで足腰が痛くなり現地スタッフの皆さんに心配をお掛けしましたが、何とか乗り切ることができました。

モンゴルでの生活にも慣れて来たそんなある日今までの私の生活を思い出し大学を卒業後4年間のOL時代に上司からの裏切り・同僚からの批判言い返す事もできずに会社には辞表も渡さないまま辞め、私は3年半一人で悩み苦しみ悶々とした生活をしてきました。たまたまネットで知ったNPO法人ひきこもりハローワークと連絡をとり本山さんの説得で今回約2ヶ月間モンゴルでの生活をさせて頂き・・・・・・。

今まで一人で悩んでいた事が小さな問題だと分かりクヨクヨしていた私が小さく見え日本に帰る時は自分なりに大きく成長した事に気付きました。

スタッフ皆さんにもいろいろとご迷惑と心配をおかけし申し訳ございませんでした。

モンゴルでのスタッフ皆さんには感謝の気持ちで、言葉で伝えきれません。

2013/11/05

(子供たちに書いて頂いた文章に関し、個人名・団体名は省略してあります。ご了承ください。)

NPO法人ひきこもりハローワーク会員 真奈美 26才女子

モンゴルにて(その1)

ハローワーク一同様
NPO法人ひきこもりハローワーク皆さんセレンゲ、モンゴル国での素晴らしい居場所を提供してくださりありがとうございました。セレンゲはロシア国境に程近い街で主に農業が盛んな街です。作物は小麦が多くとれ以前はロシアの人たちが多くいたそうです。

ハローワークスタッフ・・さんと、モンゴルに行きここで農家体験をし、自分を見つめ直しリセットして日本に帰る約束をしました。農家の手伝いは今までしたことがなく戸惑いましたがstay先のおじさんとおばさんと私より年下の・・・・・の娘がいました。言葉の問題がありましたが日に日に打ち解け兄弟見たいに仲良くなりました。朝は7時に起きご飯を食べおじさんの運転する車で畑に行き大きな農機に乗り作業をしました。昼ごはんはおばさんが毎日作りたての昼ごはんを持ってきてくれ最高においしいご飯でした午後2時半には二人の子供たちも手伝いに来て毎日が楽しく一日が過ごせました。8日間・・さんと同じ部屋ですごし・・さんがウランバートルのハローワークの事務所に帰る日に少し悲しかったけど自分を試すチャンスだよて言った本山さんの言葉が思い出しました。

・・・・・仕事で疲れ家に帰り夕御飯を食べ子供たちと遊びお風呂に入り床に付きそれが普通の生活なのになぜか私にとも充実していました。毎日両親とネットで会話し日本の家では日夜逆転の生活をしていた私が夜9時になると眠くなり両親と会話をしながらウトウトしている私を見て両親は心配で本山さんの所に何度か連絡をしたみたいですが、あとから聞いた話だと本山さんも大分困ったみたいでした。

本当にご迷惑をお掛けしました。楽しい時を過ごすとアッと言う間に75日間が過ぎモンゴルでの生活の最後の日になりました。今まであまり流した事のない涙が自然にあふれでて困りましたが・・・・・の日本で待つ両親の元に帰りました。最後に今回のNPO法人ひきこもりハローワークが企画したモンゴル企画に参加また私を説得してくれた本山さんに心から有難うございました。まだまだ人間的には未熟ですがこれからも自分なりに努力います。帰国後本山さんにモンゴルでの感想を個人名団体名を伏せ提出しなさいと言われましたが本山さん本当に有難う文章は最近自信がなく不慣れな文になりましたが言葉、文章には私は言いあらわせません本当に、本当に有難うございました。

2013/10/15

(子供たちに書いて頂いた文章に関し、個人名・団体名は省略してあります。ご了承ください。)

NPO法人ひきこもりハローワーク会員 隆章 34才 男性

モンゴルにて(その3)

NPO法人ひきこもりハローワーク様

モンゴルでの生活で一番の思い出は夜の星でした。

草原で夜、星を見ているとまるで吸い込まれるような気持ちになり今まで感じたことのない気持ちになりまるで別の世界に来たような不思議な空間を、体験することが出来ました。

27年間の人生で見たことのない夜空を見せて頂き心から感謝いたします。日本での生活で父母兄弟まで僕を中心に考えてくれ中学の時のイジメの恐怖心から抜け出す事が出来ず、自宅から外出もすることなく過ごしていた。僕にひきこもりハローワークの暖かい言葉で包んでくれた事は一生涯忘れません。モンゴルのブルガンで僕は暮らしていました。人はとても優しくいつも言葉をかけてくれました。ぼくはそこで農作業の手伝いをしていました。主に大麦、小麦の農家で朝から晩まで土いじりをしていました。ある日夕方から一人で出かけ夜遅くにスタッフの方に迎えに来ていただいた時、怒られた事は一生忘れません。

うれしくて僕みたいな者に真剣に怒ってくれ本当に有難うございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

モンゴルハローワークスタッフ皆さん日本の本山さん心からありがとうございました。
日本に戻り何時かまたモンゴルに行きたいと誓いました。

最後にモンゴルでの感想をネットに掲載したいので協力してくださいと本山さんにいわれましたが、見る・聞く事がとても新鮮と感動で言葉や文章に出来ません。ただ一つ本当にありがとうございました。NPO法人ひきこもりハローワーク様

2013/09/11

(子供たちに書いて頂いた文章に関し、個人名・団体名は省略してあります。ご了承ください。)

NPO法人ひきこもりハローワーク会員24歳 男性

本山さん今回15日の間に僕の考えを上手く話せなくて本当にごめんなさい。
面倒またリードしてくれたお姉さんありがとうございました。
本山さんは11月の合宿にも参加しろと言いましたが是非、参加させてください。
そして1回でも多く本山さんと話をさせていただいて少しでも本山さんの近くにいたいです。本山さんの会社にも自由に出は入りさせていただける様にもしていただいて本当にありがとうございます。
今回の台湾で釣り大会をみんなが魚が釣れたのに本山さんだけが釣れなくてふてくされていた姿がなぜか子供のように見え不思議でした。
花連から台風情報で避難するとき一夜を車中で過ごした時本山さんが今までの人生の中で一番辛かった時の事を話してくれた時、全員が泣いていたのが印象的でした。
山が崩れて来た時に飲み込まれるような感じでなぜか通常より冷静だった本山さん・馮さん李さんが怖く見えました。あんなに怖い経験のあとご飯を食べようといった本山が特に怖いです。


NPO法人ひきこもりハローワーク会員 29歳 男性

本山さんまた台湾スタッフ馮・徐さんにいろいろ心配をかけ本当にすみませんとありがとうございました。最初今回の話を本山さんに聞き冗談かとおもいました。 僕なんか台湾にいてもこれからの人生になんのプラスになるわけがないと思っていまいた。  しかし本山さんに貿易の商談に同席してみろと言われ生まれてはじめて商社の商談にいき貴重な体験をしました。 私は今まで普通に買い物に行きあまり価格に関して、考えたことがなく消費者に渡るまでにこんなに手間がかかるとはおもいませんでした。20日かんの体験とても僕にとって貴重な時間でした。

本山さんはじめスタッフの皆さんに感謝しています。ありがとうございました。
他8人で台北から花連に移動するときに私の身勝手な行動で真剣に本山さんが怒ってくださった時うれしくて涙が止まりませんでした。   
本当に本山さんありがとう、ございました。

次の5件へ >>